便秘になる原因とは?

運動しても食事をかえても治らない頑固な便秘。

最終的には便秘薬に頼ってしまう人も多いはずです。

そもそも何故便秘になってしまうのでしょうか?



・便秘の原因とは



便秘にはいくつかの原因があります。



1つ目に「運動不足」です。

運動不足になってしまうと排便に必要な筋肉が衰えてしまうと自力で排便するのが難しくなってきます。

特に女性や高齢者は、筋力が弱く便秘になりやすいと言われています。



2つ目に「水分不足」です。

水分は便を柔らかくする効果があり、水分を取るだけでお通じが良くなることがあります。

1日に飲む水が少ないと便が硬くなり排便しにくくなり便秘になってしまいます。



3つ目に「食物繊維不足」です。

食物繊維には、便通を整えたり腸を刺激し便を排出する働きがあります。

食物繊維の摂取が少ないと腸が刺激されず便を排出する力がなくなり便秘になってしまいます。



4つ目に「精神的なストレス」です。

精神的なストレスによって、自律神経のバランスが崩れ腸の活動が低下し便秘を引き起こしてしまいます。



頑固な便秘を一刻も早く解消するためにサプリや薬で解決しようするのではなく、まずはその原因を知ることが大切です。

原因を知ることで自分に合った解決策を見つけだすことができるでしょう。